たい焼きと自転車、話すこと。

本日の甘やかし
銀のあん たい焼き
f:id:pan_mimi:20220204123528j:image
¥180-
たこ焼きでおなじみ「銀だこ」の系列店。「皮」が好きなわたしは、しっぽ側を食べたい派です。


自転車の乗り方を忘れてもいい。

少し前にプライベートにおいて、自分の話をするのを、全面的に休止したことがありました。誤解を恐れず言えば「諦めた」とでも表現しましょうか。

で、なにが起こったかというと、人と積極的には会わなくなり、こころが曇って重たい感じになり。そして「話し方」を忘れました。

話すのはもういいやって思って、そのうちことばが出てこなくなっていって、いざまた話そうとしても、変な感じ。しばらく引きこもってて、久々にコンビニ言ってレジで話しかけられた時、ことばが出ないのと似たような(やったことないけど)。

なんか上手く言えないんですけど、話そうとするとぎこちない。超久しぶりに乗る自転車の運転みたい。スムーズに漕げなくて、そんな状態で進むのも怖くて、また乗らなくなっちゃう。そんなテイです。

自転車に乗れなくなったわたしを見て、自分の自転車経験談を話してくれる人、乗り方を教えてくれようとする人、乗れないなんておかしいと詰める(笑)人、だったら乗らなきゃいいじゃないと、身も蓋もないことをいう人……。いろいろ。

そして気づけば、わたしは自分に向けられることばを、また「聞いて」いる。「話して」いない。そんな日々でございました。

結局はコーチに聴いてもらって、ことばをひき出してもらって、自分を取り戻した感にたどり着きましたが、こじらせるとなかなか長かったですね。
「聴く」スキルの偉大さを、改めて感じました。

自転車の漕ぎ方、頭では分かっています。乗ったほうが移動が速いことも、行動範囲が広がることも分かっています。
でもなにかが、自分を止めている。あるいはそれが「恐怖」だと、分かっているかもしれない。

そして恐怖の根源にあるものまでは、ひとりでは、見つけにくかったりもします。

コーチはその、根源を一緒に探っていく人なんすね。NLPコーチと一緒なら、それらに前向きな意味があることを、知ることがいくばくかは容易になるでしょう。

自転車の乗り方を忘れた。そのことは今のあなたを、悩ませているかもしれない。そして自転車に再び乗れるようになることだけが、答えではない。
徒歩でゆっくり進んでもいい。
自分の足で遠くに行きたいなら、自動車で
景色を眺めながら進みたいなら、電車で
コーチというパイロットに操縦は任せて、ファーストクラスで快適な旅も、ひとつの選択肢です。

そう考えると、自転車に乗れなくなったことに対する不安やなんかも、薄れていかないでしょうか。
もっと、選んでいいのです。

人と話すのに疲れたときは、人の話や意見を聞くのに疲れたときかもしれません。聴くのに長けた、あなたに合ったコーチやカウンセラーが、きっといますよ。

 

先日インスタライブを行いました。ちょいちょいわたしが、両手のピースをクイクイと動かしています。ご存じの方もいるかと思いますが、
"〇〇〇"の「"」、英語のカギ括弧を意味する
ジェスチャーです。その昔、映画「オースティンパワーズ」を観た時からわたしはこれが、大好きで。
話していると、何度も見かけるかもしれません。

クライアント様とセッションしているときは出てきません(はず)ので、ご安心ください。


#銀だこ
#築地銀だこ
#銀のあん
#たい焼き