レビュー・シャドウサイド#31 手帳のじかん「シンデレラノートのつくりかた」

どうもー、山名です。久しぶりの書籍レビューは、手帳のじかん「シンデレラノートのつくりかた」です。


「シンデレラノート」と称した、女性をターゲットとする目標達成手帳術の本、という感じです。手帳に興味を持ったのと、女性向け書き込み式ワーク作成のヒントが欲しかったのとで購入。
密林のレビューにもあったように、若干イラストに漂う昭和感。懐かしい気分になったりします。ガーリー過ぎて、子どもっぽいと感じる人もいるようです。

いわゆる自分磨きの考え方は、心理学的なことをものすごくかみ砕いて絵で表現するとこうなるのか、という感想。分かりやすく書いた分、どうしても内容に深みが感じられなくなってしまうのは致し方なく。書いたり描いたりが好きで、カワイイものが好きで、ふわっと楽しみたい人向けでしょうか。

内容的には、サラっとした目標達成のマインド説明と、マインドマップとかビジョンボード的なもの、そしてイラストや文字の書き方でできています。¥1,760-はいささか高いようにも思いますが、手帳女子の情報が(一部分でも)凝縮されていると思うとYouTube観たり、Instagramを探り続けるより早いし良かったかな。タイムイズマネー。実際「すごろく風」シンデレラノートのテンプレート(というのか?)はわたしとしては良く、その他も資料作成の参考にさせていただく所存です。ありがとうございます。

著者である「手帳のじかん」さん、YouTubeチャンネルみたいです。本のカバーに「SNSで話題」と書いてあったので、Instagramを漁ってみたけどもそこまでハッシュタグをつけて投稿している人はいませんでした。Instagram勢はデジタル派が多いのかもしれません。
ところで、みなさんの女子然としたデコった手帳を見ていたら、文字派山名はめまいと頭痛がしてきました。聴覚優位者にはガチャガチャしていて、少ししんどい。

Instagramの手帳のじかんアカウントはわりにさっぱり。フォローして見てます。