消臭と芳香のプラスマイナスゼロ。

保冷剤の中身が消臭剤として使えるという。ほほう。家にあった保冷剤を別容器に移し替えてお手洗いに置いてみる。消臭だけではなくいい匂いもさせたいななんて思いがむくむくしてきて、オーサムストアでプチプラ・ディフューザーを購入。こちらもお手洗いにセット。しかし待てど暮らせどアロマってくれない。やっぱりプチプラはだめなのか。それともお手洗いがディフューザーを超えたアロマと化しているのか。無念、と諦めようとして気づく。保冷剤で作った消臭剤とディフューザーが隣同士超近距離に置かれていることに。アロマの香りを消臭剤が一切合切吸収しているのではないでしょうか。大きく離しておいてみる。アロマ臭がキツい。やっぱり近くに配置する。アロマ臭がしない。はて、どうしたものか。ともかく消臭剤は多少なりとも機能しているんじゃないかとも思う。自分ちの臭いってよくわからないから、お手洗い本体の臭いについてはなんとも言えん。