レビュー・シャドウサイド#32ワタナベ薫「運のいいおんなの法則」

どうも。とりわけ女性に諸々お伝えするヒントを求めて読んだ書籍です。

NLPとかを分かりやすく表現するとこうなるよなぁという印象です。2016年の本ですが、著者のワタナベ氏は現在も精力的に活動されており女性界隈では強いイニシアチブを握って長くご活躍されている感。大体どこの本屋の女性向けエッセイコーナーにも著者の本は置いてあります。女性コーチの本って人気の方でも大型本屋でも見つけられないことが少なくないのですがこの方のはあるのです。そんな方なので説得力があります。ワタナベ薫さん自身がブランドとして確立されているのですね。装丁を取っても某ハイブランドを想像させます。そういうのもブランディングなのねんきっと。不特定多数の「現状を脱して幸せになりたい女性」に向けて書いているので、どうしても漠然とした名詞や動詞が多くなります。愛とか幸せとか直感とか。カバーに「具体的なノウハウが満載!」とありますが、それは姿勢を正すとか水回りの掃除とかそういうことを指すのでしょうか。幸運だと信じるみたいなマインド的なお話から、綺麗な色を身につけよう的行動レベルの間にあることほぼ抜いて説明するとこうなるのは致し方ないというか分かりやすいんだろうな。6年前の書籍なので今ならまた別の書き方をされるかな、と思います。ワタナベさん、Instagramでリール等拝見しています。今の著者が見られるし、内容・表現もそちらのほうがわかりやすいかも。わたしも昔、こういう本を何冊も読んだ気がします。マインド、行動、引用。概ねそういうのでできてる。そして砕いて書いてあるけど、その実脳科学とか心理学とかのメソッドが裏にたくさん入ってるんだなと。本質を人に伝えることの難しさよ。