原因究明<問題解決。そしてその向こう。そして果実園リーベルのズコット。

f:id:pan_mimi:20220502105132j:image

f:id:pan_mimi:20220502105311j:image

本日の甘やかしは、果実園リーベルのいちごズコット。¥1,512-/1ピース。かなりボリューミーですが、食べると「ほぼいちご」。案外ペロッといけます。それからいちごマンゴレアチーズ。¥1,404-/1ピース。こちらのほうが、ずしんときます。

「原因究明」と「問題解決」ふたつの視点で乗り越える

上手くいかないことが起こった…落ち込みますよね。なにがいけなかったの?どうしてできないんだろう?なんでダメなんだろう?そんなふうにばかり考えていませんか。そういうときは原因究明と問題解決、ふたつの視点からご自身に質問してみてください。

原因究明「なぜ」は問題を発見したり、原因を究j明したりするための視点です。スケジュールがタイト過ぎたかも、途中でやる気がなくなったから……。この質問に対する答えは過去にあるはずです。そしてコレばっかり考えてると、自責の念にとらわれて、最後は自分はダメだ〜と自己否定にたどり着きかねません。ああヤダ。なのでもうひとつの視点からも質問をします。それが、問題解決の「どうやって」。どうやったら、上手くいくかな?なにをしたら、同じことを繰り返さないだろう?起きてしまったことはしかたねぇ!今から、この先どうするか?未来に答えを見つけます。

ビジネスでもなんでも、原因究明「なぜ」より「問題解決」の視点からたくさん考えられた方がよいです。ご存知の通り。そして、ビジネスが思うようにうまくいかない。まあ、行動するしかないよねー。うーん、とりあえずがんばろー……なんて、問題解決の答えが具体的にでてこないときは、「物事がうまくいって、どんなふうになりたいか」をイメージしてください。

今月中にセミナーを開催して、すっきり晴れやかな気持ちで来月のプライベートを楽しみたい!とか。そこから、そうなるためになにをするか?を考えます。

今月納得のいくセミナーを開催するために、来月ひゃっほう!とプライベートに集中するために、今のうちに必要な資料は?準備はいつまでにやる?集客はどうやって?迷いのない後悔しないサービスが、どうしたら提供できるだろう?

原因究明、問題解決、ふたつの視点から自分に質問する。そして問題解決したら、どんなふうになりたいかを考えてから、具体的アクションを決める。スモールステップでOKです。なんで?思考から抜け出して、とりあえず手あたり次第がんばる!からステップアップしましょう〜。