文章は着地点を決めて書く。なんとなく着地したカフェ。

カフェ発見。

f:id:pan_mimi:20220407105029p:image
お店の方に許可取って写真パシャ。

書くことに慣れていないと、書き出しと終わりがチグハグな文章ができてしまうことがあります。
例えば…
“今日はみなさんにカレーの魅力をお伝えします。
カレーといえば、わが家はポークです。
豚肉はビタミンB群が豊富で疲労回復にもいいと言われますね!
とんかつのように揚げていないのでヘルシーです。
ちなみにわたしは、昨日はタイカレーをいただきました。
たまにはエスニックなカレーもいいですね。
美容のためにもスパイスたっぷりのカレーを食べましょう。”

この発信で伝えたいカレーの魅力とはなんでしょう。一貫しているようでしていません。
伝えるための文章は連想ゲームではない。こころのまま書いて読む人をあちこちに引っ張り回し、疲弊させてはもったいない。ゴール・着地点を定めてから書きましょう。

先ほどの場合なら
“カレーに使われるスパイスの美容の関係”を伝えたいのか
“各国カレーのバリエーションの多さ”を伝えたいのか
あるいは
“豚肉について書きたいのか”……

最初から全く簡単だとは、思えないかもしれません。そして着地点を決めて、読む人をそこへ連れて行くためのベストな構成を把握してから書く。構成。丁寧な準備こそ、一番の近道です。

急がば回れご存知の通り。文章も同じです◎

焦って書くと、よく分からない投稿になることわたしも、ままありますー。

f:id:pan_mimi:20220403122541p:image