ミニボンとフルネス。

本日の甘やかし
Cinnabon シナボン
キャラメルりんごミニボン
f:id:pan_mimi:20211221135805j:image
¥300-くらい?

キャラメルりんごミニボンは、2021/12/25で販売終了になったようです。シナモンロールのお日持ちは当日。冷凍すれば1か月持つとのことでした。アメリカのシナモンロールって感じです。北欧風のも食べたくなりました。


マインドフルネス始めました

YouTubeでマインドフルネスの動画を漁り、「ヨガ講師ぬん」さんという方のチャンネルに行きつきました。「ザ・ヨガの先生」って感じの方です。


www.youtube.com

余談ですが、アップルミュージックでは英語のガイドしか見つけられません。サブスクの意味。

マインドフルネス。こころに浮かぶあらゆる考えをジャッジすることなく、ただ今ここにある自分を大切にする……みたいなものです多分。ちゃんと習ったことないから、的確に知識があるわけではないんですけど、NLPで学んだことがマインドフルネスに役に立つと思いました。それを書かせてください。
〇経験なしだけどわりと簡単に集中・瞑想状態になれてる気がする
NLPでは、外界や思考からすっと離れて、呼吸とか自分のあり方に目を向け、いい感じのこころになって、そのまま外に出てくる的アプローチが多々あります。なんのこっちゃと思われる方もいるかもしれません。ヨガとか禅とかやってる方は感覚的に分かってくださるんじゃないかと思います。

〇思考から離れ、「今この瞬間を感じる」ことができる
「表象システム」っていうのが、NLPにあります。人にはそれぞれ優先して使っている五感があり、それを視覚(V)・聴覚(A)・体感覚(触覚+味覚+嗅覚)(K)の3つに分けます。
誰かと関わるとき、その人と自分の表象システムが異なると、「???」とコミュニケーションが迷子になることが、往々にして起こります。それを避けるためにNLPっ子は自分の表象システムを知り相手のそれも見つけつつ、VAK全ての表象システムにアプローチできるよう、感覚とことばを鋭敏することを習慣化しています。常に自分が
・見ているもの
・聴いている音
・感じている感覚
に気づく。それって、ある意味マインドフルネスそのものだと思うです。今の感覚にフォーカスしているときって、なんも考えてないですから。表象システムVAKは結構初歩的な部分で出てくるんで、ご興味ある方はググってもらえばいいかと。

今回マインドフルネスをやってみて、思いのほか容易にでき(できているように感じ)ました。そしてNLPをやっててよかったなって、改めて思った次第です。最初は結構がっつり眠ってしまったし、眠らなくなった今が確実に起きているでもない・眠っているでもない瞑想状態なのかと問われると、自信はないのですが。

上に貼った動画「寝たまま瞑想 深い眠りに入る」は全然寝ちゃっていいやつだと思うし、「寝たまま瞑想シリーズ」では冒頭で「寝ても起きててもいい」と言ってくれるので気楽にやってます。

マインドフルネス・瞑想の音声ガイドをYouTubeで巡り、心地よい音声ガイド・そうでないものの共通点にいくつか気づきました。その辺をサンキュ!STYLEで記事にしてます。どうぞ。

表象システム。わたしの優位な感覚は「聴覚」です。各表象システムの人の割合は
・視覚 50~70%
・聴覚 10%
・体感覚 20~30%
程度とされます。今まで「世の中の人が言っていることはよく分からん」と思っていたんですが、10%のどっちかっていうと聴覚優位であるマイノリティはわたしで。ミスコミュニケーションの原因もわたしだったのかなと感じたりしました。わたしの言ってること、分かんないなぁって思ってる方、きっとたくさんいたんですね……。すみません。
自分がスタンダードと思いこむ危険性。

聴覚優位な人は「聴く・音」的表現をよく使う傾向にあります。確かにわたしは「文章のリズム」とか「話のテンポ」とか言います。最近は目の前をウロチョロする息子に対して「目がうるさいからやめれ」「動きがうるさいから止まって」と、「うるさい」って聴覚表現が自然に出てきて。ああ、聴覚優位であります。

#子育て
#チャイルドコーチングアドバイザー
#コーチン
#カウンセリング
#NLP
#子育ての悩み
#子育て相談
#NLPラクティショナー