レビュー・シャドウサイド#17「習慣化のシンプルなコツ」

書籍レビュー。山崎啓支「習慣化のシンプルなコツ」。NLPの考えやスキルを使って自分を変える…みたいな本です。テーマとしては今まで読んできたNLPの本とそう変わりないわけですが、出版が2020年と新しく、最先端のNLPスキルを知れるかも、期待!

しかしながらシンプルなコツをつかむために読むには長くて複雑な構成(に感じる)。とりわけ繰り返される比喩がややこしくて難儀です。王様と部下の例えがわたしにはピンとこない。木こり的な分かりやすいメタファーはみんな飽きてるし、オリジナルの比喩は一部の人には伝わりにくいのかも知れないって難しいな。あとワークのページは文字と空欄を大きくして欲しいです(借りた本だからわたしは書かないけど)。図書館で他の人の予約が入っているので、途中で挫折。

自己受容と可視化(自己宣言・アファメーション)、(宝地図の望月氏の受け売りになるけど)「挫折しても再開する勇気」を持つことが、習慣化に必要なものだと、わたしは思います。

濃ゆめの内容。ご自分を掘り下げたい方は是非。