レビュー・シャドウサイド#16「一番やさしくNLPのことがわかる本」

NLP関連本のレビューです。浦登記「一番やさしくNLPのことがわかる本」(白石由利奈監修)。

一番やさしくNLPのことがわかる本

一番やさしくNLPのことがわかる本

  • 作者:浦 登記
  • 発売日: 2010/02/25
  • メディア: 単行本
 

語弊を恐れずいうなら「女性らしい視点から書かれた」本。本のタイトルの「やさしい」は"kind"の意、そんな印象です。NLPスキルを使って問題解決をした(またはしている)誰かのエピソードが多すぎる気もするけど、各スキルの説明が丁寧でわかりやすい。あと、大葉リビのイラストも受け入れやすいものが多い。こちらもネットでは新品の販売は見当たらず。中古で330円だったのでぽち。以前紹介した「NLP超入門」

プロが教えるはじめてのNLP超入門

プロが教えるはじめてのNLP超入門

  • 作者:健太, 芝
  • 発売日: 2011/11/08
  • メディア: 単行本
 

みたいなインフレは起こってないもよう。で、今気づいたんだけど、今回の著者は「米国」NLP協会の公認トレーナー。「NLP超入門」の著者芝氏は「全米」NLP協会の公認トレーナー。……分かりにくいが別団体である。ググってたら日本NLP協会も出てきて頭ぐちゃー。各協会について調べるべし。そう教えてくれたことも含めてこの書籍は星4つ。

個人の感想だからね!

☆☆☆☆

 

主たるNLP協会の名前と関係と認定コースの金額まとめサイトみたいのあればご一報ください。