主婦と子育て

読書感想文は読むものでも書くものでもなく考えるものである。

中1息子が読書感想文を見てくれというので見た。漏れなく母から詰められることになるのに。やれやれ。 43年生きてきて、やっと読書感想文に必要なことが分かった気がする。読む力、書く力は一定以上ある前提で、・自身を内省、多角的に考察する力・文章を構…

息子のリフレーミング。

全米・日本NLPプラクティショナーのコースが修了した。 お疲れわたし。 お風呂のボディソープは、無印良品の「蓋が外せる詰め替えボトル」に入れとります。ハイ、蓋がガバッと開いて、詰め替え用ボディソープを袋ごと入れるタイプのやつ。先日中身がなくなっ…

令和のチェーンメールを巡る話。

息子のLINEに、某公式アカウントを名乗るチェーンメールがきたのが数週前。グループLINE内でも飛び交ったようです。その後、フェイクだと気づいた子ども達。これからは気をつけよう、と終わったもよう。 先週辺り、ふたたびチェーンメールが、複数人からぴこ…

「好きにしなさい」が報われたとき。

節目の年ということで今年の息子にはチラチラ(プチ)セレモニー的なものがあります。先日「子どもから親へ一言」みたいなコーナーに出くわしました。いわゆる感謝の強要(コラ)。そこで宅の息子がわたしに「『好きにやっていいよ』と言ってくれてありがと…

小6に厨二病を説明するべきか否か。

勉強にしろスポーツにしろ、失敗する姿を人に晒すのは格好悪いし怖いと息子談。なんでもかんでも中途半端で人より突き抜けて優れたところがない僕はダメだ。苦手なものならある、アレもコレも…的お話が先日。おかんわたし、また無意識に説得に入る。パーフェ…

注意喚起のつもりが脅してた話。

元来慎重な性格で初めてのことに積極性を見せない息子であるが、もうこれくらいはするっとできるだろうなってことを「ひとりでしれ」って言ったら予想外に嫌がった。困った。明日明後日にやってもらわんと困る。いや、やるしかないんだ。応援したりことばを…

レビュー・シャドウサイド#8

こそこそレビューするシリーズ8回目。今回も書籍。 内山明子「たった1日で叱らない・イライラしないママに変わる!魔法の『NLP子育て』」 魔法の「NLP子育て」 作者:内山 明子 発売日: 2010/07/22 メディア: 単行本 個人的5段階評価 ★★★★☆ NLPの入口が分…

こう見えても怒らないんです。

意外かもしらんがおかんわたしはあんまり声を荒げない、子どもに対しては。先日久々に○×□☆‼︎となったので記す。平日朝出がけのこと。登校直前ランドセル背負った息子がその日は行事があるという。超ライトな式みたいなもので一応そこそこ「しゃん」とした服…

「繊細さん」なんです。

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)。「人一倍敏感な人」と訳される。敏感すぎる気質で、生き辛さを感じやすい。最近その認知が急激に広まって「HSP」をカムアウト?する人が増えた。わたしが懸念するのはHSPを名乗る人の中に「主観に寄りすぎた自称」…

英検2級は恥なのか。

英検2級は履歴書に書く価値がないばかりか評価を下げうるので書くな。そんな「ご指南」記事が多々ある。2年前に生まれて初めて英検を受験し2級を取得。サンキュ!STYLEのプロフィールに書いているわたしのこころをフルボッコ。40歳になって英検に初チャレン…

わが家の恐竜、絶滅する。

先週あたりリビングテーブルにずっとピーポ君のマスコットが置いてあった。息子が学校かどっかからもらってきたものである。要るの?って3回くらい聞いたけど要るらしい。同じ回数どけてっていったけど置いてある。いつまで置いとくんだよピーポ君。 うちの…

小学生に動詞の過去分詞は必要か。

英語の話ね。 毎週息子は塾から英単語の課題プリントを持ち帰る。今週ももれなく。これまで 「動詞の原形・読み(カタカナ)・日本語訳」 のリストだったんだけど今回毛色が違う。 「動詞の原形・過去形・過去分詞・日本語訳」 どない勉強せいっちゅうねん。…

夫婦在宅勤務中のお母さんの気持ちが分かったような気がした話に見せかけたグチ。

サンキュ!STYLEで記事を書いています。 記事一覧 おとんの在宅勤務中は「仕事だから邪魔しない」暗黙の了解がある。用があって声をかけても実行まで「おとん待ち」である。場合によってはコーヒー持ってったり食事を運んだりだ。だのに。だのにだよ。おかん…

「ごはんなに?」と聞かれたくないのでホワイトボードを設置しました。

サンキュ!STYLEで記事を書いています。 記事一覧 GWに加速した家族の「ごはんなに?」口撃。「出されたものを黙って食べなさい」と毎回静かにキレるのもアレなんでメニューを書いたミニホワイトボードを冷蔵庫のドアに貼る事にした。 例:ハンバーグの日 息…

優しさが吹きぬける。

サンキュ!STYLEで記事を書いています。 記事一覧 絶賛わたしの中でヘビロテ中の藤井風さん。先日MVが公開された「優しさ」が各ラジオ局のパワープレイとなったようです。 となったようです。と知ったそばからきましたよ山名の平日の朝J-WAVEで流れてきまし…

アジカンといえばけしてぇぇぇえー!

サンキュ!STYLEで記事を書いています。 記事一覧 ナルト疾風伝のファナティックな信者である息子はしばしば歴代アニメ版のオープニングテーマソングをリクエストしてくる。YouTubeで音楽聴こうって言ったら開口一番ナルトだ。残念ながらというか当然という…

ついにわが家もテントを設置しました。

サンキュ!STYLEで記事を書いています。 記事一覧 自宅にテント設置で兄弟喧嘩が減るとか話題。 幸いな事に、現在わが家は「ひとり一部屋」、んにゃ息子が家の半分以上、LD和室を占領する謎状態であり、テントで更にスペースを区切る必要は感じられずここま…

学校のオンライン学習がいろんな意味で雑過ぎる。

サンキュ!STYLEで記事を書いています。 下の記事の冒頭でイスラエルにおける学校のオンライン授業の問題点が取り上げられています。 そして自宅にこもる子供には、学校からオンライン教育が提供されているのだが、レビ氏は学校から次々と送られてくる連絡や…

息子にイラついたので良いところを書く。

サンキュ!STYLEで記事を書いています、 記事一覧 気温が低かったり雨天の日が続くと公園に行くのもままならない。運動不足解消のためラジオ体操とかいくつもやって、最終的に筋肉体操をしてみたら息子が最後の最後で腕立て伏せができないって言ってヘラヘラ…

息子とぶつかったので敢えて彼のかわいいところを書いておく。

サンキュ!STYLEで記事を書いています。 記事一覧 母親は夕方以降が繁忙期である。外出自粛生活の今、九分九厘のご家庭でそうかと思うが、親子あるいは家族というコミュニティに属する全てのメンバー間の関係が些細な事で緊迫しがち…まぁざっくり言えば親子…

母親業に疲れたら息子には肉を喰わせておけ。

某所での待ち時間に「思春期 育児 疲れた」みたいなキーワードでググったら「思春期男子の育児に疲れたら肉を焼いて食わせておけばよい」と書いてあるサイトだかブログだかに行きつきました。思春期にさしかかる男子の育児にすごく疲れていたわたしは、それ…

書写一覧が気持ちいい。

サンキュ!STYLEで記事を書いています。 最新記事はこちら。 記事一覧はこちら。 機会があって都内児童・学生の作品展覧会に行きました。内容は図工/美術・家庭科・書写作品。宅の子どもが小学生だもんで小学生ゾーンを中心に観ました。会場は撮影可能だった…

偏食を克服したと同時に胸やけと胃もたれを知る小学生。

サンキュ!スタイル記事はこちらです。 宅の息子は洋菓子の類いが苦手です。給食でイベント的にケーキやらチョコやらが出るクリスマス・バレンタインは彼にとっては苦痛でしかありませんでした。昨日冷凍のクレープの皮と冷蔵ホイップクリームが家にある事が…

走る司書さん追うわたし。

サンキュ!スタイルで記事を書いています。 先日スマートニュースに掲載された記事。 星新一「ちょっと長めのショートショート」がおもしろいと息子が言うのでクグりましたら対象年齢が高学年〜中学生と広いな!図書館行ったらYAコーナーにあったので一冊ピ…

母、ナルト1巻で泣く。

サンキュ!STYLEで記事を書いています。 *ネタバレ含むかもしれないです。ご注意アレ! 息子はナルトが大好きです。今までどれだけストーリーやキャラクター相関について語られてきたでしょうか。そもそもいかように物語が始まるのか?下忍試験に臨む前のナ…

母は怒ってばかりいる。

サンキュ!STYLEで記事を書いてます。 自分が小学5年生の時、母親が以前に比べてすごく怒るようになったと感じて、祖母に気持ちをもらした記憶がある。したらば母親に呼び出しを喰らった。祖母がわたしの相談を即日リークしたのは明白だ。その時母親になんと…

図工室にアレがいない。

サンキュ!STYLEで記事書いてます。 39.benesse.ne.jp 昨日2020/01/25 19:00に「調理用バナナを買ってから食べ切るまでのドキュメント記事」を公開したのですが、23:30頃見たらpvが3でした。 息子「学校の音楽室には『ベートーベン』飾ってないんだよね」 わ…

一夫多妻は不倫ではありません。

サンキュ!STYLEで記事書いてます。 先日息子と話してて、出川哲郎→デヴィ夫人→一夫多妻と話題が進んできました。 わたし「一夫多妻って分かる」 息子「うん」 そうか一夫多妻が分かるのかウチの子はとちょっと感心しつつそのまま話を進めたけどどうも彼の反…

落とし物を拾って警察がうちに来た話。

サンキュ!STYLEで記事を書いてます。 着々と書いてるんでぜひ。 息子が塾への行きしなに落とし物を拾いまして。なぜか塾に託して帰ってきました。どうやら先生が交番に出向いてくださったんですが、今交番なんだけど拾得者本人かその保護者じゃないとなんと…

成長ノートを封印したくなる母親。

「ナイフみたいにとがってら」という有名思春期子育てブログを知ったので読んだ。その中に母である著者が家の奥底深くに眠っていた「長子が乳児の頃の直筆成長記録ノート」を発見する話があった。開いてみるとものすっごい細かく当時の第一子の様子が書いて…